ダンボールの強度について

段ボールの強度について

ダンボール箱を選ぶうえで意外と見落としがちなのが「強度」。
重いものをたくさん入れるのでしたら、尚のこと丈夫な箱がオススメです!

ダンボール箱の買い物で失敗しないために
こちらではダンボールを買うときに知っておきたいことをお伝えします。

1)ダンボール箱を選ぶとき

ダンボール箱イメージ

物をダンボール箱に収納したいという時に、どんなことを考えるでしょうか?

みなさん大抵は大きさを気にします。
「いっぱい入れたいから大きな箱がいい」
・・・なんて、考えていませんか?
物が入らなければ意味が無いですから、確かに重要です。
けれど、重さはどうでしょう?

大きな箱にそこそこ重いものをどんどん詰めていったら・・・

「も、、持てない・・・」
なんてことが大いにありえます。

さらに材質が良いものでないと、重い物を積み上げた時に潰れますし、
最悪の場合底が抜けてしまいます。

段ボール箱が潰れる 段ボール箱の底が抜ける

そんなことを起こさないために、少しだけダンボールのことを知ってみませんか?
いきなり材質と言われても、当店で働くまでは私も「どれが良い箱なんですか?」でした…。
でもダンボールを買うなら知っておいた方が良いですよ!
引越しのあとそのまま収納に使えるダンボールを選びたいなら、
知っておいて損はありません!

2)ダンボールの形

ここで少し、ダンボールの構造についてお話しします。

段ボールの構造

ダンボールは波打っている紙を2枚の紙でサンドしています。
波打った部分は【中芯】(なかしん)といい、2枚の紙は【表】と【裏】といいます。

3)箱の材料ダンボールの『強度』って?

ダンボールの強度が高くなるほど、
箱にした時の強度も高くなります。(重さも重くなります)
強度を決める要因は2つ。

[厚み][材質]です。

この2つの強度が高ければ、箱の強度も高い=丈夫だということです。

当店で扱っている[厚み]は3種類です。

厚み 通称 名前
3mm B段 BF(シングル)
5mm A段 AF(シングル)
8mm(3+5mm) B/A段 WF(ダブル)
段ボールの厚み

※5mmが標準の厚さです。

さらにそれぞれ[材質]が3種類です。

材質
C5
K5
K6

[材質]の違いはダンボールの【表】【中芯】【裏】の材料の違いです。

例えば、当店の規格の箱の強度はこちら

  【表】 【裏】 紙厚
#1~6 K5 K5 AF(5mm)
#7~12 K6 K5 AF(5mm)
#13~20 K6 K6 AF(5mm)

※紙の[厚み]は同じでも、大きさによって【表】【裏】の[材質]を変えているため、
強度は違います。

段ボール箱の強度について

この[厚み][材質]の組み合わせでダンボールの強度は全く違います。

例えば、「小さな箱」を作る場合
C5/BF(一番低い強度)のダンボールが材料でも、
重い物が入らない(それほど強度が必要無い)なら、問題ありません。

大小の段ボールイラスト

逆に「とても大きな箱を作りたい、そこに重い物を入れたい」という場合には、
[材質]がK6だったり、[厚み]がWFのダンボールを材料にしなければいけません。

4)大きさを揃えると箱の『もち』が違う?

きれいに揃えた大きさの箱だけで積み上げるのと、
大きさが違う箱を積むのとでは箱の『もち』が違ってきます。
もちろん中身の重さにもよりますが、
押入れなどに積んで置きたい場合は、
無駄なスペースを空けないためにも、大きさを揃えた箱を使うと良いですよ。

5)最後に(お願い)

ダンボールの『強度』についていかがでしたでしょうか?

「いっぺんに運べると思って、重い物をたくさん入れたけど持てない・潰れた・ 底が抜けた」
そんなことが起こるのはダンボール屋として悲しいことですので、
ぜひダンボール箱をお求めになる時は、物の重さと強度についてを考えてみてください。


この説明以上に詳しく知りたい・箱を見積もって欲しいと思われましたら、
メール・お電話・FAXにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら


※材質は通常C5、K5、K6の3種類の取り扱いですが、
ご注文があれば海外発送用の強化材質板:AA段(10mm厚)の取り扱いも可能です。
K6材質で240g/m2、K5材質で200g/m2ですが、AAはその約2倍の440g/m2です。
さらに中芯も、通常115~120g/m2のところ160g/m2で、
当店で扱っている中で一番強度の高い材質です。