発泡スチロールで簡単「ファブリックパネル」作り


毎日の生活にちょっとした彩りを添えたいあなたへ

発泡スチロールで簡単「ファブリックパネル」作り!




フィンランド ヘルシンキ市内マリメッコ

[フィンランド ヘルシンキ市内マリメッコ]

ファブリックパネルはインテリアとして
北欧、ヨーロッパで親しまれているアイテムです。

季節、気分、来客などに応じデザインの異なるものに掛けかえ
部屋の雰囲気を変えて楽しむことができます。

マリメッコ店内

[マリメッコ店内]


市販品のファブリックパネルを購入すると
結構な金額になってしまいますが、
簡単に作成することができるので
お気に入りのデザインの布などを用意しての自作もおすすめです◎

発泡スチロール製ファブリックボード


ここでは発泡スチロールを使った簡単な製作方法を
ご紹介させていただきます。




[発泡スチロールが便利な点]


(1)取り扱いが簡単

発泡スチロールはカッターでカットすることができます。



重量も軽く、適度な柔らかさがあるのでお子さんが取り扱う際も安心。
万が一落下しても身体、部屋とも傷めることはありません。


(2)壁掛けが簡単

軽いので壁にかける際も、壁に穴を開けることなく
例えば既存のピンやフックを活用できますし
両面テープで貼り付けることもできます。


(3)処分もしやすい

部屋のレイアウトを変えたり、引越しなどで不要になってしまった際も
小さく割り、そのまま燃えるゴミとして(※地域により)処分可能です。




[作成方法]  実際に作ってみました ↓ ↓ ↓





発泡スチロール製ファブリックボード用意するもの



[用意するもの]

・好きなサイズの発泡スチロール (450×450×厚み30mmなど
・生地
・カッター
・定規
・ペン



(1)発泡スチロールの内側10-20mm程の箇所に印を付け
カッターで切り込みを入れます。


発泡スチロール製ファブリックボード作り方


発泡スチロール製ファブリックボード作り方



(2)角の部分は斜めに切り込み

発泡スチロール製ファブリックボード作成方法



(3)見せたいデザインの位置を確認・印付け

発泡スチロール製ファブリックボード作業工程



(4)必要なサイズに生地をカット

発泡スチロール製ファブリックボード作成手順


必要に応じて印を付けてカットしてください。
※今回は厚みや予備も含め570mm角を目安にカットしました。
(450+30+30+20+20+予備20mm)


(5)スチロールの切り込み箇所に生地を押し込んでいきます。

発泡スチロール製ファブリックボード作成手順


発泡スチロール製ファブリックボード作成手順


発泡スチロール製ファブリックボード作成手順


カッターは背の側を使用。
伸ばしながら生地をすべて押し込むと出来上がりです。


発泡スチロール製ファブリックボード

お試しください☆



[よくあるご質問]

Q. 厚みはどれくらいが良いですか?

素材の厚みは扱いやすく適度な厚みの30mmが人気で
売れ筋は「450×450×厚み30mm(一般品材質)」です。

発泡スチロール規格サイズ品一覧はこちらをご参照ください。


Q. どんな材質を選べば良いですか?

発泡スチロールの材質は様々あり、硬くなるほど価格も上がります。
ファブリックパネル用としては、あまり硬い材質でも加工が大変ですし
一般品(90倍)をご利用いただいています。


Q. 希望サイズへのカットは可能ですか?


はい。発泡スチロール製品はオーダーメイドも承っています。
規格サイズ以外での作成はお問い合わせください。
専用お見積フォームはこちら

★サイズによりますが、オーダーメイドは1枚で
3,000-4,000円前後が主な価格帯です。




好きなデザインの布や飾りたいスペースに合わせた
発泡スチロールのオーダーメイドもおすすめです。

発泡スチロール製ファブリックボードお客様作成事例



こちらは発泡スチロールをオーダーメイドされたお客様から
ご投稿いただいた作成写真です。
(ご投稿大歓迎です。ご投稿はこちらから)

大きいサイズで壁に掛けた時のインパクトがあります。

[ご依頼内容]

サイズ:900×700×厚み30(mm)
材 質:一般品
数量:1枚



他にも下記のようなサイズをご依頼いただいています。

発泡スチロールオーダーメイド


・400×400×厚み30(mm)
・900×400×厚み30(mm)



お見積もり、作成依頼などありましたら
お気軽にお問い合わせください。

お見積りフォーム

お問い合わせ






トップページへ戻る